格安レンタルサーバー比較

おすすめのエックスサーバーの使い方講座

おすすめのエックスサーバーの使い方講座

 当サイトも利用しているエックスサーバーの使い方をまとめてあります。コントロールパネルの使い方やドメインの追加方法、Wordpressの自動インストール手順などエックスサーバーのインフォパネルやコントロールパネルの使い方です。

エックスサーバー(XServer)
エックスサーバー公式

エックスサーバーはこんなサーバー

  • マルチドメインが無制限で利用できる
  • 容量200GB&1050円/月&転送量50GB/日の高機能
    (転送量は月に換算すると1500GB/月になります)
  • MySQLデータベースが余裕の30個でWordpressにも最適
  • 232Gbpsの大容量バックボーンによるサイト接続の快適性
  • 7日間の自動バックアップ機能で安全性が高い
  • 安心の電話サポート付き
  • サーバー稼働率が99.9%以上の安定性

インフォパネルやコントロールパネルの使い方


エックスサーバーと関連サーバーからのお知らせ



エックスサーバーのスペック概要

エックスサーバー(XServer)
法人 個人 容量 月額 初期 転送量
200GB 1050 3150 50GB/日
エックスサーバー
エックスサーバー公式

メールアドレスの無制限発行、サブドメインの無制限作成、マルチドメインの無制限作成や、X20プラン以上では、独自ドメイン取得・更新費が契約期間中無料などのサービスを行っています。

サーバーレスポンスなどに対する不安を解決するために「簡単サーバー移動」という機能を設けています。 サーバーの負荷が高くてサイトが表示されにくい、コントロールパネルが重たいなどの症状があれば、サーバーを別のものに移動できる機能を提供しています。

当サイトの「エックスサーバー詳細説明ページ

エックスサーバーを使い始める以前は、チカッパ(現在も使っている)、さくら、ハッスル、XBITなどいろいろなサーバーを使ってきましたが、現在はエックスサーバーに落ち着いています。

安定性やサイト接続の高速性なども問題の無いレベルで発揮されているようです。また、機能アップや容量の拡大、転送量の大幅な緩和、サーバーデータの7日間自動バックアップ機能など、サーバー1契約で複数のドメインを運用している立場からすると、評価できるものだと思っています。

ただ少し「コントロールパネル」が使いにくい感じがしますが、これも慣れてしまえば何の問題もないようなことだと思います。これもデメリットと言えるほどのことでもありませんが、それを加味してもエックスサーバーは現在のところの「おすすめサーバー」です。