格安レンタルサーバー比較

WordPress向きサーバー

WordPress向きサーバー

 Wordpressサイトがストレスなく運営できるサーバーです。 当サイトは「エックスサーバー」で運用していますが、ストレスは感じません。 また、「ミニバード」も規模の小さいWordpressサイトなら快適に動作します。

WordPressの高速化に特化したサーバー「wpXサーバー」
エックスサーバーが新しくリリースしたWordpress向きサーバーです。

WordPress向けサーバー ベスト5

人気ランキング
サーバー 法人 個人 容量 月額 初期
1位 エックスサーバー 200GB 1050 3150
エックスサーバー
エックスサーバー公式

メールアドレスの無制限発行、サブドメインの無制限作成、マルチドメインの無制限作成や、X20プラン以上では、独自ドメイン取得・更新費が契約期間中無料などのサービスを行っています。

サーバーレスポンスなどに対する不安を解決するために「簡単サーバー移動」という機能を設けています。 サーバーの負荷が高くてサイトが表示されにくい、コントロールパネルが重たいなどの症状があれば、サーバーを別のものに移動できる機能を提供しています。

2位 チカッパ 60GB 525 1575
チカッパ
チカッパ公式

ロリポップサーバーの上位プランという位置づけになっています。 チカッパには簡単インストール機能があるので、WordpressやMovableTypeなども簡単にインストールできます。 MySQLデータベースは30個使えるので、複数のWordpressなどを立ち上げたい場合にも適しています。

機能的には、容量や転送量、MySQLデータベースの数などが、ロリポップより大幅に増強され、サーバー初級者から中・上級者までカバーするスペックを提供しています。

3位 ファイアバード 50GB 525 2100
ファイアバード
ファイアバード(Firebird) 公式

ファイアバード(Firebird) は格安のレンタルサーバーサービスですが、機能的にはいたって不満のないスペックになっています。 料金的な面も月額525円から50GB(ギガバイト)という余裕の大容量スペースを利用することができます。 また、月額料金はポイントを使用することで最初から割引にもなります。

MovableTypeやWordpressの自動インストール機能があるので、ボタン一つで簡単にインストールできます。 パーミッションの設定なども自動で行ってくれます。

4位 X2サーバー 100GB 1890 6300
X2サーバー
X2(エックスツー)公式

X2サーバーは、快適な動作で人気の高い「エックスサーバー」の上位モデルです。 特徴は、独自ドメインが無制限で設定が可能、サブドメイン、メールアカウント、FTPアカウント、データベース(MySQL)等も無制限に作成可能など、スペックを重視する方向けの仕様になっています。

CGIやPHPなどを格段に高速化する機能、「Xキャッシュ」を提供しています。 表示内容をキャッシュ(記録)することで、アプリケーションの負担を軽減します。

5位 ミニバード 30GB 263 1575
ミニバード
ミニバード(minibird)公式

ミニバード(minibird) は格安のレンタルサーバーサービスですが、機能的にはいたって不満のないスペックになっています。 料金的な面も月額263円から30GB(ギガバイト)という余裕の大容量スペースを利用することができます。 また、月額料金はポイントを使用することで割引にもなります。

管理人も、このサーバーでWordpressサイトを2サイトほど運営していますが、サーバーレスポンスや管理パネル、MySQLやphpのレスポンスなど特に現時点で不満はありません。


WordPress向けサーバーの選び方

 Wordpressはphp&MySQLを利用するブログアプリケーションのため、これらのレスポンスが良いか悪いかが気になります。 また、サーバー提供会社の評判やサーバーそのものの評判も気になるところです。 ここでは、それらについての傾向性をまとめてありますので参考にしてください。

上記ランキング形式でまとめてあるサーバーの中で「エックス」「チカッパ」「ミニバード」は、管理人が実際に使用しているサーバーです。 いずれのサーバーもWordpressサイトを始めるのに契約したものです。 どのサーバーも、php&MySQLのレスポンスは上々です。 サーバー自体も、現時点で問題は発生していませんので、安定してサイト運営が行える状態と言っていいでしょう。

  • php&MySQLのレスポンが良く安定している
  • サーバー会社の評判はどうか (悪い噂はないか? 「どこのサーバーでも感情的になって悪口を言う方はいますので、ほどほどに参考にした方がいいようです」)
  • サーバー自体はメジャーか? 安定性などの評判はどうか?
  • 料金は手頃か? (初期費用や月額料金は安いに越したことはありませんが、スペック的には料金見合いと考えてください)
  • サーバーのコントロールパネルは使いやすそうか?
  • マニュアルは完備しているか? ネット検索で解決できそうか?
  • サーバーの機能面は希望をかなえられるものか

ざっとあげてこのような事に配慮してサーバー選択されているようです。 実際、管理人がサーバーを選ぶ際にも同様のことを考えて選んでいます。

サーバー会社がメジャーでない場合、いつ会社が無くなってしまうか分からないという不安が付きまといます。 また、料金は格安だが1台のサーバーにユーザをギッシリ詰め込むサーバーは、サーバーレスポンスや安定性に欠けます。

このことにも気をつけてサーバーを選んでいただければと思います。

なお、上記表中の「ファイアバードはミニバードの上位プラン」、「X2はエックスサーバーの上位プラン」という位置づけのサーバーです。 それぞれ下位プランでは機能面など足りない場合は、上位プランを選択されるといいと思います。

参考)
WordPressサーバーについては、こちらのサイト「WordPressサーバー」も参考にされるといいと思います。上記に取り上げたサーバーの他にもいろいろなサーバーを使用しているユーザサイトを例にあげながら取り上げています。

当サイトも「エックスサーバー」で運用しています。
サーバーの乗り換えや借り換え、初めてのサーバーにもおすすめです。


ジャンル別にレンタルサーバーを選ぶ

おすすめサーバー

コストを重視する方向け

スペックを重視する方向け

法人・個人事業主向け

Wordpress向けサーバー

ネットショップ向けサーバー

アフィリエイトサイト向きサーバー

月500円までの格安サーバー

月500円を超えるハイスペックサーバー