MovableTypeとは

今ではMovableTypeよりWordpressに軍配

 MovableTypeとは、ブログサイトを作成するのに優れたサーバスクリプトで、日本でも利用者がかなりの数に上っています。レンタルサーバーでもほとんどのサーバーで利用可能となっていて、サーバーにインストール際の面倒な手間が必要ない自動インストール機能を備えているサーバも存在しています。

MovableType自体は有料のバージョンと個人利用などを視野に入れた無料のMTOS(MovableType Open Source)などで構成されています。MovableTypeはperlとphpで書かれていますが、そのコア部分はperlで書かれています。データベースはMySQLを現在のバージョンでは使用しますが、幾つか前のバージョンには簡易データベース「SQLite」の利用可能なものもありましたが、Ver.5辺りから「SQLite」は使用できなくなっています。

MovableTypeとWordpressどっちが良い

以前はMovableTypeを使っている人の方が多かったように記憶しています。その理由の一つに、検索回りでは「動的ページ」より「静的ページ」の方が評価が良い!という事があったのだと思います。ですが、現在では「動的」であろうが「静的」であろうが、評価に差が付くことは無くなっています。

また。MovableTypeは記事を投稿したりテンプレートを修正したりするたびに、再構築(全部のページを生成し直す)という作業が必要でした。MovableTypeは静的ページを生成するタイプのスクリプトですので、必ずこの作業を行わなければいけませんでした。

記事数が少ないうちは、さほど時間もかからずストレスなく再構築も行われますが、だんだん記事数などが増えて来るに従って、再構築の時間も長くなるようになります。時によっては、再構築に失敗するなどの現象さえ見られます。

一方、Wordpressは記事を動的に生成(アクセスがあった時にデータベースから記事データを取り出しページを生成)するタイプのスクリプトですから、再構築などといった作業は必要ありません。ただ、これも記事データが多くなればMySQLデータベースが肥大化する、アクセスが多くなるとMySQLに負荷がかかるなどのデメリットが発生します。

これらにしても、サイトが何万ページもで構成されているとか、極端に多いアクセス数があるということが無ければ、身近に感じる問題ではありませんので無視しておいて良い程度かもしれません。身近に迫ってきた時に、サーバーを、よりハイスペックなものに乗り換えるとか、同一サーバーの上位プランへ移行するなどの対策を考えれば良いと思います。

管理人の場合は、以前はもっぱらMTOS(MovableType Open Source)などでサイトを作成していましたが、Wordpressと比べるとカスタマイズしにくいこと(私だけかもしれませんが)、再構築が不安、などの理由で、今では殆どをWordpressに置き換え、MovableTypeサイトは2つだけになっています。また、Wordpressは必要とする機能をプラグインなどで実現することが出来、カスタマイズしやすいのも魅力だと思っています。



ジャンル別にレンタルサーバーを選ぶ

おすすめサーバー

コストを重視する方向け

スペックを重視する方向け

法人・個人事業主向け

Wordpress向けサーバー

ネットショップ向けサーバー

アフィリエイトサイト向きサーバー

月500円までの格安サーバー

月500円を超えるハイスペックサーバー

あなたの口コミ・評価を書いてみませんか?

*

NOTE - お寄せくださった口コミや評価は順次公開させていただきます。 なお、あきらかに宣伝と思われる場合や、誹謗中傷と思われる書き込みは非公開とさせていただきます。