格安レンタルサーバー比較エックスサーバー › エックスサーバーにWordPressを自動インストール

エックスサーバーにWordPressを自動インストール

エックスサーバーの自動インストール機能を使う

 エックスサーバーにWordpressやMovableTypeをインストールする場合、標準で提供されている「自動インストール」機能を利用することができます。常に最新のプログラムを利用できるので、特に理由が無ければ使ってみてください。

自動インストール機能を使うことで、それまでMySQLデータベースを作成してからインストールしていたものが、その必要が無くなり初心者の方でも迷うことなく作業できるようになっています。MySQLデータベースも自動で作成されますので、予め自分でMySQLを作成しておく必要はありません。

エックスサーバーにWordpressをインストールする手順

エックスサーバーのコントロールパネルから「自動インストール」を選びます。

エックスサーバーのコントロールパネル

「自動インストール」の画面で「プログラムのインストール」を選びます。下には現在エックスサーバーに自動でインストールされたプログラムの一覧が表示されます。インストールが成功すれば、この一覧に新しく追加したプログラムも表示されます。また、削除したい場合もこの管理画面から行えます。

ドメイン設定

自動インストールをしたいプログラムを選択します。WordpressのほかMovableType、ZenCart(日本語版)などのプログラムを選んでインストールできます。インストールしたいプログラムの横の「インストール設定」をクリックしインストールプログラムの設定へと進みます。

インストールプログラムを選ぶ

下記はWordpressを自動インストールする画面ですが。「インストールURL」はルートにインストールする場合、表示されているままで次に進みます。ルートのサブディレクトリにインストールする場合は、URLの後ろにディレクトリ名を入力します。「作成済のデータベースを利用する」は、既にデータベース(MySQL)を作成してあって、それを使う場合です。通常はこのままでかまいません。

そのほか、ブログ名やパスワードなどを入力して、「インストール(確認)」で次に進めば、自動でインストールが完了します。完了画面に「Wordpress管理画面のURL」が表示されているので、それをクリックしてWordpress管理画面へ進みとブログを開始することができます。

インストールプログラムの設定

最後に今使っているMySQLの確認方法です。コントロールパネルの「DataBase」「MySQL5設定」と進むと下記の画面が表示されます。下記の画像は少し前のものですが、「データベース」名に「*」が付いているものが、自動インストールで作成されたデータベースです。この画面で使用中のデータベースを確認や削除ができます。

インストールプログラムの設定

当サイトも「エックスサーバー」で運用しています。
サーバーの乗り換えや借り換え、初めてのサーバーにもおすすめです。



ジャンル別にレンタルサーバーを選ぶ

おすすめサーバー

コストを重視する方向け

スペックを重視する方向け

法人・個人事業主向け

Wordpress向けサーバー

ネットショップ向けサーバー

アフィリエイトサイト向きサーバー

月500円までの格安サーバー

月500円を超えるハイスペックサーバー

あなたの口コミ・評価を書いてみませんか?

*

NOTE - お寄せくださった口コミや評価は順次公開させていただきます。 なお、あきらかに宣伝と思われる場合や、誹謗中傷と思われる書き込みは非公開とさせていただきます。