格安レンタルサーバー比較レンタルサーバー用語集 › JPドメイン(属性JP・地域型JP・汎用JP)

JPドメイン(属性JP・地域型JP・汎用JP)

JPドメインとは

 最初に「属性JPドメイン」は、「xxx.xx.jp」形式のJPドメインのうち、セカンドレベル(.jpの左側)が組織ごとの区分で、その左側のサードレベルドメインが組織名を表す記号などになっているものをいいます。 組織ごとの区分別に登録資格が決まっています。

属性型JPドメインの分類は9種類に分類されています。 代表的なものには、営利法人用の「co.jp」、非営利団体用などの「or.jp」、法人格のない任意団体用の「gr.jp」、ネットワークサービスを意味する「ne.jp」などに分かれています。 なお、属性JPドメインは地域型JPドメインと合わせて、1つの組織で1つしか使用することができません。

また、地域型JPドメインとは、tokyo.jpやokinawa.jpなどのような、登録者の所在地をもとに、都道府県名、市町村名などを利用している、地域に根ざしたドメイン名のことです。

汎用JPドメインとは

「xxxxxx.jp」のように、セカンドレベルに取得者の希望する名称を登録することができるJPドメイン名のことです。

もともとJPドメイン名は「xxx.co.jp」や「xxx.ne.jp」など、セカンドレベルに組織ごとの区分(.jpの左側)を表す文字を持ち、サードレベルに名前を登録する形でした。 しかし一つの組織で複数の「.jp」ドメインを持ちたい(商品名やイベントの名前などで利用)などの要望から、2001年に新しい枠組みとして導入されました。

また、いままでは英数字のみが許可されていましたが、新しい枠組みの導入後は日本語のドメイン名が使用できることや、個人でも簡単にドメイン名が登録できるなど、それまでの制約を大幅に緩和したものとなっています。

whois情報には個人名や会社名が記載されます

「.com」などのgTLDドメインの場合は、whois情報はドメイン取得会社の情報を載せることで代用できましたが、汎用JPドメインを利用する場合、whois情報に個人名や会社名を載せなければいけないことになっています。 ここら辺が他のドメインとは少し異なりますので注意してください。

汎用JPドメイン登録資格者
汎用JPドメイン名には「国内に通知を受領すべき常設の場所を持たない個人・組織は登録できない」というローカルプレゼンスの条件があります。 下記のような住所にて登録を行うことはできませんので注意してください。
登録申請が行えない住所
郵便局の私書箱、ホテルなどの一時滞在先、実在しない住所、国内に通知を受領できる場所がない海外法人(日本に支社があり、通知を受け取ることができれば可能)

参考サイトURL)
JPドメイン名のサービス案内、ドメイン名・DNSに関連する情報提供サイト
JPドメインについて



ジャンル別にレンタルサーバーを選ぶ

おすすめサーバー

コストを重視する方向け

スペックを重視する方向け

法人・個人事業主向け

Wordpress向けサーバー

ネットショップ向けサーバー

アフィリエイトサイト向きサーバー

月500円までの格安サーバー

月500円を超えるハイスペックサーバー

あなたの口コミ・評価を書いてみませんか?

*

NOTE - お寄せくださった口コミや評価は順次公開させていただきます。 なお、あきらかに宣伝と思われる場合や、誹謗中傷と思われる書き込みは非公開とさせていただきます。