格安レンタルサーバー比較レンタルサーバー用語集 › gTLD(ジェネリックトップレベルドメイン)

gTLD(ジェネリックトップレベルドメイン)

gTLD(ジェネリックトップレベルドメイン)

 「Generic Top Level Domain(ジェネリックトップレベルドメイン)=分野別トップレベルドメイン」の略称です。 gTLDは、特定の領域・分野ごとに割り当てられたトップレベルドメインで、 通常は世界のどこからでも登録することが可能です。

ICANN(インターネット上で利用されるアドレス資源「IPアドレス、ドメイン名、ポート番号など」の標準化や割り当てを行う組織)が管理を行い、ICANNが認定した世界中のレジストラと呼ばれる業者が割り当てを行っています。

私たちが通常目にする「.com、.net、.org、.biz、.info」などがgTLDドメインになります。

gTLDドメインの中で人気があるのは

どのgTLDドメインを使ったからと言って検索(googleなど)が評価に差を付けることはありません。 これはgoogleも明言しているので間違いないでしょう。 ですが、やはり好みというか多く取得されているのは「.com」ドメインです。

これに「.net」や「.org」ドメインが続いています。 「.biz」「.info」ドメインは、あまり人気が無いようです。 考えられる理由としては、「スパムサイトが使っている」という書き込みがネット上で目立つので敬遠されているのかもしれません。 その理由はドメイン取得料金が他のgTLDドメインより安いため、スパムを行っているような人たちが大量に取得して使っているからかもしれません。 イメージ的にあまり良くないのでしょう。

ですが、先にも書きましたが、ドメインの種類によって検索での評価が変わるわけではありません。 新しくドメインを取得する際、「.com」などは既に取得されているケースが多いですが、案外「.biz や .info」は空いていることがありますので、事情が許せば積極的に利用してもいいと思います。



ジャンル別にレンタルサーバーを選ぶ

おすすめサーバー

コストを重視する方向け

スペックを重視する方向け

法人・個人事業主向け

Wordpress向けサーバー

ネットショップ向けサーバー

アフィリエイトサイト向きサーバー

月500円までの格安サーバー

月500円を超えるハイスペックサーバー

あなたの口コミ・評価を書いてみませんか?

*

NOTE - お寄せくださった口コミや評価は順次公開させていただきます。 なお、あきらかに宣伝と思われる場合や、誹謗中傷と思われる書き込みは非公開とさせていただきます。