格安レンタルサーバー比較サーバーQ&A › 404 NotFound が表示される理由

404 NotFound が表示される理由

指定されたURLが見つからないと404が表示される

 404 NotFound はWebサイトの指定されたページが見つからない場合などに表示されます。 多くの場合、理由として考えられるのは、そのページ自体が削除されているなどで存在しない場合でしょう。 また、URLの指定ミスやリンクの記述ミスなどもあると思います。

● この例は「さくらサーバー」で指定されたページが無かった場合です。(サーバーが返すエラーページです)
404ページ(さくらサーバー)

まったく味気ない「404ページ」ですが、よく見かけます。 これも独自に404ページを作成することで、もっとユーザ寄りのページにすることができます。 せっかく訪れてくれたユーザのためにも「独自の404ページ」を作成するといいでしょう。

● こちらは、当サイトの404ページです。(Wordpressのテーマに組み込まれているもの)
当サイトの404ページ

当サイトの場合は、WordpressでWebサイトを作成しているので、元となったWordpressテーマの404ページを使っています。 テーマをカスタマイズすることで、もっとユーザに近いページを作成することも可能です。

URLを変更したらリダイレクトしておく

WebページのURLを変更したら(フォルダ名やページ名など)、新しいページへリダイレクトしておくといいでしょう。 また、自分のサイト内のリンクを修正することも必要です。

URLが変わっていることを知らずに訪問してくれるユーザのためにも是非行っておいて下さい。 また、SEO的にも新旧の対応をしっかり管理しておくことは重要です。



ジャンル別にレンタルサーバーを選ぶ

おすすめサーバー

コストを重視する方向け

スペックを重視する方向け

法人・個人事業主向け

Wordpress向けサーバー

ネットショップ向けサーバー

アフィリエイトサイト向きサーバー

月500円までの格安サーバー

月500円を超えるハイスペックサーバー

あなたの口コミ・評価を書いてみませんか?

*

NOTE - お寄せくださった口コミや評価は順次公開させていただきます。 なお、あきらかに宣伝と思われる場合や、誹謗中傷と思われる書き込みは非公開とさせていただきます。