格安レンタルサーバー比較サーバーQ&A › 日本語ドメイン名はSEO的に有利か

日本語ドメイン名はSEO的に有利か

日本語ドメインはSEO対策上有利に働くのか?

 日本語のドメインは、日本語をそのまま使って取得されたドメインのことです。 一時期SEO的に有利に働くとして以前は人気がありました。 取得料金が少し安いためか、現在でも使っているサイトは多く存在しています。

当サイトのサイト名は「格安レンタルサーバー比較」となっていますので、このサイト名をそのままドメイン名に使うと「xn--vckta6cvfd6b1db3419g3s0aojiei4i」という訳の分からない表記になってしまいます。 これは、日本語のドメイン名を「Punycode(ピュニコード)」というものを用いて英数字に変換して表示するためです。

管理人も日本語で表記するドメインを一つ持っていますが、特にSEO的に有利ということはありません。 むしろ、ブラウザのアドレス欄に表示されるURLが長くなり意味も不明なので、いまでは、普通の英数字でドメインを取得するようにしています。

ただ、普通の英数字ドメインよりも安い値段で取得できたりしますので、利用される方はいまも多いようです。 ドメイン取得代行業者では「日本語ドメインをキャンペーン価格」で提供しているところもあるので、興味をもたれた方は検討してもいいでしょう。

なを、管理人の日本語ドメインは「VALUE DOMAIN」で取得しました。(取得料金はcomドメインで380円/年です)



ジャンル別にレンタルサーバーを選ぶ

おすすめサーバー

コストを重視する方向け

スペックを重視する方向け

法人・個人事業主向け

Wordpress向けサーバー

ネットショップ向けサーバー

アフィリエイトサイト向きサーバー

月500円までの格安サーバー

月500円を超えるハイスペックサーバー

あなたの口コミ・評価を書いてみませんか?

*

NOTE - お寄せくださった口コミや評価は順次公開させていただきます。 なお、あきらかに宣伝と思われる場合や、誹謗中傷と思われる書き込みは非公開とさせていただきます。