格安レンタルサーバー比較ドメイン › ドメインが失効したらどうすればいい

ドメインが失効したらどうすればいい

ドメインが失効しても再び取得できる可能性はあります

 ドメインは更新期間内に料金を支払って次年度更新をするのがベストですが、たまに更新を忘れてホームページが表示されなくなった、というケースもあります。 更新期限から1ヶ月程度しか経っていないなら、料金を支払えば復活できますので安心です。

ですが、更新期限から1ヶ月以上(汎用JPドメインの場合は20日間)経過している場合は、もう一度、その失効したドメインを再取得しなければいけません。 うまく取得できれば、以前と同じ名前で使うことができます。

ただ、中古ドメイン市場(失効した優良なドメインを扱う市場)というのが存在していて、会社名のドメインとかGoogleページランクの高いドメインとか、意味のある単語のドメインなどは、中古ドメイン業者などに取得されてしまう場合もあります。

こうなれば、第三者の手に渡ってしまうことになりますので、取得した先が中古ドメイン業者なら、その業者から買わなければいけないことになってしまいます。(普通に取得するよりかなり高額です)

こうならないためにも、ドメインの管理はしっかり行わないといけません。 失効してしまえば、もう二度と同じ名前のドメインは利用できないと思っていたほうがいいでしょう。



ジャンル別にレンタルサーバーを選ぶ

おすすめサーバー

コストを重視する方向け

スペックを重視する方向け

法人・個人事業主向け

Wordpress向けサーバー

ネットショップ向けサーバー

アフィリエイトサイト向きサーバー

月500円までの格安サーバー

月500円を超えるハイスペックサーバー

あなたの口コミ・評価を書いてみませんか?

*

NOTE - お寄せくださった口コミや評価は順次公開させていただきます。 なお、あきらかに宣伝と思われる場合や、誹謗中傷と思われる書き込みは非公開とさせていただきます。