格安レンタルサーバー比較ブログ › 無料レンタルサーバーを借りる場合の問題点は

無料レンタルサーバーを借りる場合の問題点は

無料レンタルサーバーも以前よりは良くなっていますが

 最近の無料レンタルサーバーは、性能や機能などの充実したものが目に付くようになりました。 独自ドメインが設定できる、容量も多くはありませんが、数MB~数GB程度は利用できる、など以前よりは格段に良くなっているようです。

ただ問題点もあります。 殆どの無料サーバーでphpやperlなどのcgiが許可されていない、MySQLなどのデータベースが殆どの場合利用できない、複数ドメインは当然ですが利用できない、一部を除きサイトの内容とは無関係な広告が表示される、転送量に余裕はないのでアクセス制限がかかる、そしてこれが一番困りますが「突然サービスが打ち切られる」などの問題点を抱えています。

遊びなどでWebサイトを運営する場合ならともかく、ビジネスやアフィリエイトなどを行う目的でサーバーを借りるなら、無料サーバーは控えたほうがいいでしょう。

最近は有料のサーバーでも「100円/月額」程度から借りることができるサーバーもあります。 こちらは有料ということなので、機能的には無料サーバーと比較になりません。 人気のWordpressやMTなどのサイトも、「独自ドメインを取得して格安のサーバーで運営している」というケースが目立ちます。

ビジネスや趣味・遊びなどを問わず、サーバーを借り長くサイトを運営して行くなら、最初から「有料のサーバー」を借りたほうが後々のためにもなると思います。



ジャンル別にレンタルサーバーを選ぶ

おすすめサーバー

コストを重視する方向け

スペックを重視する方向け

法人・個人事業主向け

Wordpress向けサーバー

ネットショップ向けサーバー

アフィリエイトサイト向きサーバー

月500円までの格安サーバー

月500円を超えるハイスペックサーバー

あなたの口コミ・評価を書いてみませんか?

*

NOTE - お寄せくださった口コミや評価は順次公開させていただきます。 なお、あきらかに宣伝と思われる場合や、誹謗中傷と思われる書き込みは非公開とさせていただきます。