格安レンタルサーバー比較ブログ › データ転送量を超えると課金されるか

データ転送量を超えると課金されるか

レンタルサーバーで転送量を超えた場合どうなるのでしょうか

 転送量はWebサイトのデータ(HTMLファイル・画像などWebページで使っているもの)が、サーバーから閲覧者のパソコンに転送(ダウンロード)される量のことです。 アクセス数が多くなれば多くなるほど増加します。

各レンタルサーバーでは、転送量の規定に「無制限」とか「300GB/月」などと記載されています。 無制限と記載されているサーバーの場合、記載は「無制限」ですが、実際のところは無制限になっているところは殆どなく、明確に数字を出していないだけで転送量の制限値は存在しています。

この各サーバーが設定している「転送量の制限値」をオーバーした場合はどうなるのでしょうか。 いろいろなサーバーの利用規約などを見てみると、転送量が制限値を超えた場合でも「課金(転送量オーバーに応じて料金が加算される)」されることは殆どありません。 ただ、サーバーエラーの50X系が出たりする場合はあるかもしれませんし、Webサイトの表示がベストエフォート運転で間引きされる場合もあるようです。

最初からアクセス数が多くなるなら専用サーバーにする

Webサイトのアクセス数が多い場合や多くなることが予想される場合は、共有サーバーより転送量にもはるかに余裕のある専用サーバーがいいでしょう。 最近の専用サーバーの中には、共有サーバー並みの低価格(月額利用料金が安い)で提供しているサーバーもありますので、以前よりかなり利用しやすくなっています。

そもそも共有サーバーは、1台のサーバーをたくさんのユーザで一緒に利用するタイプのホスティングサービスです。 常時アクセス数が多い、一時的にアクセスが増加する、などの場合は、専用サーバーも含めて転送量に余裕のあるサーバーもしくはプランを検討するといいでしょう。

アクセス数増加に伴うプラン変更は簡単です

エックスサーバーの場合、プランの変更は簡単に行えます。 サーバーの移動などの手間も必要ではありませんし、基本ユーザは何もすることはありません。

管理人の場合は、エックスサーバーのX10プランを使っていますが、転送量の目安は300GB/月になっています。(X20は600GB/月、X30は900GB/月) 管理人のサイト程度のアクセス数では、まだまだ全然問題ありませんが、制限に触れるような事態になった場合、現在のX10プランからX20プランへプラン変更しようと考えています。

なお、管理人は「さくらサーバー」も使っていますが、さくらの場合のプラン変更は、サーバープランの解約処理が伴います。 サーバーに置いてあるWebサイトのデータなども移動しなければならなくなるので、簡単にプラン変更はできない仕組みになっています。



ジャンル別にレンタルサーバーを選ぶ

おすすめサーバー

コストを重視する方向け

スペックを重視する方向け

法人・個人事業主向け

Wordpress向けサーバー

ネットショップ向けサーバー

アフィリエイトサイト向きサーバー

月500円までの格安サーバー

月500円を超えるハイスペックサーバー

あなたの口コミ・評価を書いてみませんか?

*

NOTE - お寄せくださった口コミや評価は順次公開させていただきます。 なお、あきらかに宣伝と思われる場合や、誹謗中傷と思われる書き込みは非公開とさせていただきます。