格安レンタルサーバー比較ブログ › これだけは確認したいサーバースペック

これだけは確認したいサーバースペック

最低限これだけは確認したいサーバースペック

 レンタルサーバーを選ぶ際には、「サーバーを借りて何をするのか」が選ぶ際の最も大事な基準になります。 現在、検討中のサーバーがある、もしくは、これから検討するといった状況の中で、サーバーの機能表でこれだけは確認しておきたいスペック項目をまとめてみました。

実際に管理人の場合も、新しくサーバーを選ぶ際に注意している項目でもあります。

OS オペレーティングシステム(OS)は何を搭載しているか。 Linux、UNIX、Windowsなどの種類があり、そのOSで無ければ動作しないシステムがあります。 一般的なWebサイトの場合は、Linuxが多く使われていますし何の問題も発生しません。
CPU Pentium、Xeon、Core 2 Quad、Xeon Quadなどの種類があります。 演算速度をあらわす単位は「GHz」が使われていますが、このギガ数の数が多かれば高性能で高速となります。
メモリ容量 一般的には1GBや2GBなどが多いようですが、最近は4GB、8GBなどの大容量のメモリを搭載しているサーバーも目立ちます。 これは、サーバーが作業をする場所の大きさを表しているので、数が大きければ作業場所が大きいということなので、効率的に作業を進めることができます。
ディスク容量 ハードディスクの容量(大きさ)ですが、現在は数十GB~数百GBの大容量を提供しているサーバーが多くなっています。 これらの容量の全部を使い切ることはありませんが、容量には余裕があるほうがいいでしょう。
phpやMySQL
のバージョン
見落としがちですが、phpやMySQLのバージョンが最新のものが提供されているかどうかです。 古いままのバージョンだと、例えば、Wordprssの最新版が動作しない可能性があります。
転送量 ※ 転送量は「無制限」と記載されているサーバーと「300GB/月」などと記載されているサーバーがあります。 無制限と記載されている場合であっても、制限値を設定していないだけであって、あまりにアクセスが多い場合は制限がかかることがあります。 転送量をオーバーしたからと言って課金されることはありませんが、503エラーが出ることもあり、好ましい状態とは言えません。 また、常習的にアクセスが多い状況が続く場合は、サーバー会社から警告を受けることもあります。

※ アクセスが多くなることが予想されるような場合は、VPSサーバーや専用サーバーも選択の視野に入れて検討するといいでしょう。 最初は共有サーバーで始めて、アクセスが多くなってから検討するのもいいかもしれませんが、移転や移行の作業まで考えると、最初からハイスペックサーバー(VPSサーバーや専用サーバー)を選んだほうがいいかもしれません。



ジャンル別にレンタルサーバーを選ぶ

おすすめサーバー

コストを重視する方向け

スペックを重視する方向け

法人・個人事業主向け

Wordpress向けサーバー

ネットショップ向けサーバー

アフィリエイトサイト向きサーバー

月500円までの格安サーバー

月500円を超えるハイスペックサーバー

あなたの口コミ・評価を書いてみませんか?

*

NOTE - お寄せくださった口コミや評価は順次公開させていただきます。 なお、あきらかに宣伝と思われる場合や、誹謗中傷と思われる書き込みは非公開とさせていただきます。