格安レンタルサーバー比較エックスサーバー › さくらサーバーからエックスサーバーへの移転

さくらサーバーからエックスサーバーへの移転

エックスサーバーのWoredpressへ移転

 最近まで「さくらサーバー」で運営していたサイトを、「エックスサーバー」へ移転しました。 さくら側は通常のHTML&phpベースのサイト構成で、エックス側はWordpressを使った構成です。

やはりサイトの管理やメンテナンスは、圧倒的にWordpressが便利ということもあって、また、さくら側を1契約解除(2契約しているので)するのも狙いの一つです。 (さくらサーバーよりエックスサーバーの方がかなり使いやすいので)

移転の手順

ドメインは「VALUE DOMAIN」で管理しているので、移管などの手続きは発生しません。 エックスサーバー側のサイト準備が整った段階で、「VALUE DOMAIN」のDNS情報を変更するだけです。

ですから、これは一番最後に行います。

エックスサーバーコントロールパネル

  • 最初にエックスサーバーの管理画面から「ドメインの設定」を行います
    移転したいドメインを指定し、追加するだけの単純作業です(追加すると、FTPのルートフォルダなどが自動で作成されます。 ([ドメイン名]/public_html ← ここへFTPでサイトデータを転送します)
  • 今回は「Wordpressサイト」を作成するので、管理画面から「自動インストール」を行います。 自動インストールでは、WordpressをはじめMovableTypeなどが選べます。
  • ここまでは何の問題も無くスムーズに進みます。 ですが、ドメインのDNSは変更していないので、ドメインを指定してサイトを見ることはできません。 サイトを見ることができないということは、WPの管理パネルにログインもできません。 Wordpressの設定やテーマを選ぶなど・・・基本的なことが、この状態ではできません。
  • 管理パネルの中の「動作確認URL」を利用して、移転前にサイトの状態を確認することはできますが、それでも今回のようにWordpressへログインして諸作業を行うには適していませんでした。

hostsファイルの書き換え

この状態では、Wordpressの管理画面にすらログインできないので、自分のパソコンだけからは新しいサイトを見ることができ、かつWordpressの管理画面にログインして諸作業を行えるようにしなくてはいけません。

これに対応するには、自分のパソコン(ブラウザ)だけ新サーバにアクセスできるようにします。 これにはWindowsのhostsファイルを書き換える必要があります。

C:\WINDOWS\system32\drivers\etc\hosts

上記ルートを辿ると「hosts」というファイルがあります。 このファイルの最後に「IPアドレス ドメイン」を追加することで、自分の環境からだけ新サーバーへアクセスできます。 IPアドレスは「サーバーの管理画面」に記載されていますが、サーバーの中には不明なサーバーもあるかもしれません。 その場合は、サーバー会社へ問い合わせるなどしてください。

126.146.10.69 sample.com

こんな感じで追加して上書き保存するだけです。 (全ての移転作業が終了したら、この記述は削除してください)

DNS情報を変更します

すべての移転作業が終了したら、ドメインのDNS情報を新サーバーのものへ変更します。 (DNS情報は変更しても直ぐには反映されず、しばらく時間がかかりますので、しっかり反映されたのを確認「新サーバーでちゃんと表示されているか」してから、旧サーバーのデータは削除するようにしてください)



ジャンル別にレンタルサーバーを選ぶ

おすすめサーバー

コストを重視する方向け

スペックを重視する方向け

法人・個人事業主向け

Wordpress向けサーバー

ネットショップ向けサーバー

アフィリエイトサイト向きサーバー

月500円までの格安サーバー

月500円を超えるハイスペックサーバー

あなたの口コミ・評価を書いてみませんか?

*

NOTE - お寄せくださった口コミや評価は順次公開させていただきます。 なお、あきらかに宣伝と思われる場合や、誹謗中傷と思われる書き込みは非公開とさせていただきます。