格安レンタルサーバー比較WADAX › WADAXサーバーで拡張子「html」で「php」を動かす

WADAXサーバーで拡張子「html」で「php」を動かす

「html」拡張子で「php」を動かす方法

 管理人のユーザさんが利用している「WADAXサーバー」で、通常のhtmlページの中で「php」を動かすことになったので、そのやり方をメモしておきます。

長くWebサイトを運営していると、最初の頃には考えもしなかったような事(要望)が出てくるものです。

phpを実行するなら、拡張子を「.php」にすればいいようなものですが、既存のページの「.html」URLを変更したくない場合は、簡単にはいかないケースもあります。 301リダイレクトを使う手もありますが、これだと今までのページ評価(ページランクなど)が、すべてリダイレクト先のページに渡るか疑問も残ります。

そういうことで、拡張子はhtmlのままphpを動かすことにしました。 サーバーは「ワダックス」でしたが、以外に簡単に解決してしまいました。

以前、「さくらサーバー」で同じようなことを行おうとした事がありましたが、その時は、あまりの制約の多さや手間を考えると面倒なことになりそうだったので断念したことがありました。 それに比べると、ウソのように簡単でした。

やり方
下記を「.htaccess」に書いてルートディレクトリに置くだけで「.html」のままphpが動作します
AddType application/x-httpd-php .htm .html
Options +ExecCGI


「.htaccess」を作成(もしくは編集)するには、パソコンに付属する「テキストエディタ」で作成し、ファイル名を「htaccess.txt」などとします。(先頭に「. ドット」は付けません) その後、サーバーへアップロードし、名前を「.htaccess」に変更します。(先頭に「. ドット」を付け、最後の「.txt」を削除します。



ジャンル別にレンタルサーバーを選ぶ

おすすめサーバー

コストを重視する方向け

スペックを重視する方向け

法人・個人事業主向け

Wordpress向けサーバー

ネットショップ向けサーバー

アフィリエイトサイト向きサーバー

月500円までの格安サーバー

月500円を超えるハイスペックサーバー

あなたの口コミ・評価を書いてみませんか?

*

NOTE - お寄せくださった口コミや評価は順次公開させていただきます。 なお、あきらかに宣伝と思われる場合や、誹謗中傷と思われる書き込みは非公開とさせていただきます。