格安レンタルサーバー比較ドメイン › 取得できるドメインの種類は

取得できるドメインの種類は

基本的にどんなドメインでも取得できます

 ドメインには、国ごとにに割り振られている「ccTLD」と、国や地域を問わず利用できる「gTLD」という2種類があります。 この他に日本語ドメインを別と考えると「日本語ドメイン」と呼ばれるドメインも自由に取得できます。 日本では日本のccTLDである「.jp」が取得できますし、gTLDの代表的な「.com」「.net」「.org」などのドメインは誰でも取得することができます。

また、国別に割り振られている「ccTLD」ドメインを他の国の人に提供している国もありますので、日本で取得できるドメインの種類は結構多くなっています。 (ドメイン取得業者のホームページには、取得できるドメインの種類が掲載されています)

参考までに、ドメインは、「http://yahoo.co.jp/ (Yahooの場合)」のようになっています。
これをドット「.」で分解すると以下のようになり、それぞれが意味をもっています。

yahoo サードレベルドメイン
co セカンドレベルドメイン
jp トップレベルドメイン
という構成になっています。 読み解き方は、トップレベルドメインから読んで行き、「日本(jp)の法人(co)のヤフー(yahoo)」ということになります。


取得できるドメインの種類

通常、個人で独自ドメインを取得するのなら、取得費用や更新費用などが安価な「gTLD」ドメインが最も一般的で、費用的にも数百円~取得できます。 また、少し費用は高くなりますが、人気の「.jp」ドメインもおすすめです。 この場合だと、費用は3000円前後のところが多いようです。

gTLD 誰でも(個人でも)取得することができます
.com 一応企業向けのドメインですが、誰でも取得できます。
.net ネットワークサービス提供者向けのドメインです。
.org com/netに属さない任意団体向けのドメインです。
.info さまざまな用途に使用できます。
.biz ビジネス利用限定のドメインです。
.name 名前をドメインにする必要があります。
.com 一応企業向けのドメインですが、誰でも取得できます。
.com 一応企業向けのドメインですが、誰でも取得できます。
ccTLD(日本)ドメイン
.jp 法人、個人のどちらでも取得できます。人気の高いドメインです。
属性ドメイン 多くのものは個人取得できません
co.jp 法人向けのドメインです。
ne.jp ネットワークサービス提供者向けのドメインです。
or.jp 企業以外の団体向けのドメインです。
ad.jp jp(日本)ドメインを管理する団体、「JPNIC(ジェーピーニック)」の会員向けのドメインです。
gr.jp 任意団体向けのドメインです。個人でも取得が可能です。
ac.jp 教育機関向けのドメインです。
go.jp 日本の政府機関や特殊法人向けのドメインです。


ジャンル別にレンタルサーバーを選ぶ

おすすめサーバー

コストを重視する方向け

スペックを重視する方向け

法人・個人事業主向け

Wordpress向けサーバー

ネットショップ向けサーバー

アフィリエイトサイト向きサーバー

月500円までの格安サーバー

月500円を超えるハイスペックサーバー

あなたの口コミ・評価を書いてみませんか?

*

NOTE - お寄せくださった口コミや評価は順次公開させていただきます。 なお、あきらかに宣伝と思われる場合や、誹謗中傷と思われる書き込みは非公開とさせていただきます。