格安レンタルサーバー比較ブログ › チカッパ・さくら・ファイアバードを比較

チカッパ・さくら・ファイアバードを比較

同じような価格帯のサーバーですが違いは

 管理人は現在、「エックスサーバー」「さくらサーバー」「チカッパ(ロリポップのチカッパプラン)」「ミニバード(ファイアバードの下位プラン)」をメインで利用しています。 すべて、マルチドメインで複数のWebサイトを運営しています。

この中で、価格帯が似た「チカッパ」「さくら」「ファイアバード」を比較してみたいと思います。 何故、この3サーバーかというと、当然管理人が利用していることもありますが、それよりも、どのサーバーも今人気があり検討しているユーザが多いからです。 (なお、さくらは「スタンダード」プランで比較します)

「エックスサーバー」は、「チカッパ」などよりも価格帯も機能面も上位に位置しますので、対象からはずしました。 また、「ミニバード」は下位に位置するので、上位プランの「ファイアバード」で検証したいと思います。

チカッパ・さくら・ファイアバードのプランはどうか

チカッパ・さくら・ファイアバードのプラン
チカッパ 60GB 1575円 525円 30個 100個 10GB/日
さくらサーバー 10GB 1000円 500円 20個 20個 10GB/日 ※
ファイアバード 50GB 2100円 525円 10個 無制限 200GB/月 ※

※ 転送量はスペック表では「無制限」となっていますが、各社「快適に使用できる目安」を設定しています。 上記、表中の数字は、その「快適に使用できる目安」を使用しています。 (注)これらの転送量をオーバーしても課金はありませんが、ベストエフォート運用となるなど、多少の間引き運転になる場合があります。


チカッパ・さくら・ファイアバードをポイントを絞って比較する

この3サーバーは、費用的には同じレベルを持っていますので、どのサーバーを選択するかは、費用以外の各項目が決めてとなりそうです。 どのサーバーを選んでも、サーバーレスポンス等には大差は無く、ある程度の満足は得られると思います。 後は、望んでいる機能などに、どれだけ近いサーバーを選択できるかにかかっています。

初期費用や月額料金は

初期費用は1000円から2100円の範囲で多少のバラツキはありますが、大きく離れた金額ではありません。 また、初期ということからも、最初の1回のみなので、あまり大勢に影響はないかと思います。

月額料金は、さくらが「500円」となっていますが、これは消費税が内税か外税かの違いです。 また、差額は現在は25円ですので、これも誤差の範囲として無視しても良いくらいの違いだと思います。 もちろん、それぞれの方の価値観がありますから、断定はできませんが。

容量はどうか

最近はどこのサーバーを見ても大容量化が進んでいます。 この3サーバーの中では、「さくら」が少ないです。 使い方にもよりますが、大きな容量を確保しておいて損はないでしょう。 (容量は現時点のものですので、今後、増量される可能性はあります)

MySQLの数はどうか

MySQLは10個から30個までと幅があります。 一番多いのは「チカッパ」の30個です。 この辺は、サーバーをどういう風に利用するかの「使い方」によりますので、一概に多いから良いとは言えません。 ただ、WordpressやMTなどのサイトを複数作成するのであれば、多い方がいいかもしれません。

なお、「さくら」では、MySQLのバージョンが上がった場合に、古いMySQLを削除しなければ新しいバージョンのMySQLを作成できません。 複数作成可能とはなっていますが、この辺は使いにくい部分です。 今後の改善が望まれる部分でもあります。 管理人は、どうしてもMySQLを複数使う必要があったので、古いバージョンのWordpressで使っていたMySQLを削除しました。

マルチドメインの数はどうか

サーバー1契約で複数のドメインを運用できる「マルチドメイン」は、いまや普通になりつつあります。 コスト的にも有利ですので、将来的に幾つかのサイトを運営する考えがあるなら、迷わず「マルチドメイン」が標準で提供されているサーバーを選ぶといいでしょう。

上記の3サーバーの中では、「ファイアバード」が無制限と一番多くなっています。 ですが、無制限と言われても、そんなに多くのサイトを運営できるものでも無いので、100個もあれば将来的に見ても安心だと思います。 管理人は、エックスサーバーで10個程度のドメインを運用、さくらで5ドメイン、チカッパで6ドメインを運用していますが、多くても数十程度でサーバー1契約と考えています。 リソースの問題や転送量の問題などを考えて割り当てをしています。

転送量はどうか

「チカッパ」「さくら」は10GB/日ですから、これを月に換算すると300GB/月となり、「ファイアバード」は200GB/月となっています。 単純計算では「チカッパ」か「さくら」がベストです。 これくらいあれば、かなりアクセスの多いサイトを幾つか運営することができます。

どのようなタイプのサイトを運営するかで、大体のアクセス数も想定できるので、その辺も含めて検討するといいでしょう。

まとめ

サーバーを選ぶ場合、希望するすべてが、その通りとならないことがあるかもしれません。 料金は良いが、機能が少し足りない・・・など、いろいろと迷います。 そういう場合は、予算が許すなら、もう少し上位のサーバーを検討してみるといいでしょう。 また、予算的に厳しい場合は、ある程度の妥協も必要かもしれません。



ジャンル別にレンタルサーバーを選ぶ

おすすめサーバー

コストを重視する方向け

スペックを重視する方向け

法人・個人事業主向け

Wordpress向けサーバー

ネットショップ向けサーバー

アフィリエイトサイト向きサーバー

月500円までの格安サーバー

月500円を超えるハイスペックサーバー

あなたの口コミ・評価を書いてみませんか?

*

NOTE - お寄せくださった口コミや評価は順次公開させていただきます。 なお、あきらかに宣伝と思われる場合や、誹謗中傷と思われる書き込みは非公開とさせていただきます。