格安レンタルサーバー比較VPSサーバー › CPI VPSサーバーの詳細と評判

CPI VPSサーバーの詳細と評判

CPI VPSサーバーは、Linuxカーネル搭載の仮想化技術「KVM」を利用し、「ハードウェアの仮想化」である完全仮想化を採用しています。ハードウェアやOS環境まで独立した環境にすることが可能となり、これまでVPSの主流であった「準仮想化」や「OSの仮想化」に比べリソースの競合を可能な限り排除・より自由度の高いサーバー運用を実感できます。

標準OSは CentOS を採用していますが、UbuntuやFreeBSDなど様々なOSを利用できます。

CPI VPSサーバーのプラン概要

CPI VPSサーバーのすべてのプラン一覧
CLOUD CORE VPS 100GB 0円 945円 無制限
CPI VPSサーバー

※ CPI VPSサーバーには、10日間の無料お試し期間があります。 試してみて気に入ったら利用料金を支払う方式になっています。

OS CPU メモリ コントロールパネル
CLOUD CORE VPS CentOS 5.6 x86_64(標準) 物理 1Core 2GB

CPI VPSサーバーの機能概要

CPI VPSサーバー CLOUD CORE VPS 主な機能
telnet・SSH admin(root) RAID 帯域保証
ファイアー
ウォール
サポート 設定代行
CGI PHP PHP5 Frontpage
ASP JSP Java Servlet ColdFusion
Ruby python        
MySQL PostgreSQL SQLite File Maker
       
ブログ CMS ショッピングカート ウィルス・スパム対策
SSL バックアップ アダルト利用可    
マルチドメイン サブドメイン エイリアス    

※ OSは好きなものを利用可能(CentOS・Solaris・Debian・Ubuntu・FreeBSDなど)
  *2011年11月時点ではCentOSのみ利用可能です。
※ メモリ/2GB・CPU/物理 1Core・ネットワーク/100Mbps共有回線・グローバルIPアドレス/IPv4アドレス1個
※ 専用コントロールパネルが標準で提供されます


仮想サーバーの管理ができるコントロールパネルを搭載

ブラウザ上で簡単に仮想サーバーの管理ができるコントロールパネルが標準装備されています。 サーバー情報の確認だけでなくサーバーの起動・停止・再起動はもちろん、現在のリソース状況を把握できる「リソースモニタ」機能などが提供されています。

  • 仮想サーバーの起動・停止・再起動・ステータス(稼働中/停止を表示)
  • リソースモニタ機能

OSのバックアップが可能です

OSイメージをファイルとしてバックアップします。VMクローニングの機能により、世代管理を行う事が可能です。世代管理を可能とすることで、いつでも過去の自分のサーバーに立ち戻る事ができます。



CPI VPSサーバー 運営会社データ



ジャンル別にレンタルサーバーを選ぶ

おすすめサーバー

コストを重視する方向け

スペックを重視する方向け

法人・個人事業主向け

Wordpress向けサーバー

ネットショップ向けサーバー

アフィリエイトサイト向きサーバー

月500円までの格安サーバー

月500円を超えるハイスペックサーバー

あなたの口コミ・評価を書いてみませんか?

*

NOTE - お寄せくださった口コミや評価は順次公開させていただきます。 なお、あきらかに宣伝と思われる場合や、誹謗中傷と思われる書き込みは非公開とさせていただきます。