レイド(RAID)

レイド(RAID)とは

 レイド(RAID)とは、ハードディスクの障害対策として使われるシステムで、複数のハードディスクをまとめて一台の装置として管理する技術です。 ハードディスクには独立してデータが格納され管理されます。 なおレイドは、「ハードウェアレイド」と「ソフトウェアレイド」に分かれています。

ハードウェアレイドは、専用のコントローラを用いレイドシステムの管理を行います。 一方、ソフトウェアレイドは一般的にOSで管理をします。

レイド技術により、データを分散管理することで、一台のハードディスクが故障した場合や、障害が発生した場合でも他のハードディスクのデータを利用する事が可能になり、さまざまな処理の続行ができ、復旧も容易に行うことが可能になりました。

レイドの種類は、分散管理の手法によりRAID0(複数台のハードディスクを組み合わせる)からRAID6 ※までの7種類があります。 それぞれ信頼度や高速性が異なっています。

RAID6は
 データからパリティと呼ばれる誤り訂正符号を2つ生成し、データとともに分散して書き込む方式です。 RAID5ではパリティが1つなので同時に2台が故障するとデータを復旧することが不可能になるが、RAID6では異なるパリティを2つ取って両方記録するため、同時に2台が故障してもデータを復旧できるのが特徴です。



ジャンル別にレンタルサーバーを選ぶ

おすすめサーバー

コストを重視する方向け

スペックを重視する方向け

法人・個人事業主向け

Wordpress向けサーバー

ネットショップ向けサーバー

アフィリエイトサイト向きサーバー

月500円までの格安サーバー

月500円を超えるハイスペックサーバー

あなたの口コミ・評価を書いてみませんか?

*

NOTE - お寄せくださった口コミや評価は順次公開させていただきます。 なお、あきらかに宣伝と思われる場合や、誹謗中傷と思われる書き込みは非公開とさせていただきます。