格安レンタルサーバー比較エックスサーバー › サイト転送設定(301リダイレクト)する方法と手順

サイト転送設定(301リダイレクト)する方法と手順

エックスサーバーでサイト転送設定(301リダイレクト)する方法と手順

 サイトのURLが変わったときや、特定のページのURLが変わったときにURLの転送設定をすることができます。エックスサーバーのコントロールパネルからも行うことができます。

このコントロールパネルから転送設定を行うと、301リダイレクト(恒久的なリダイレクト)になります。302リダイレクト(一時的なリダイレクト)を行う場合は、コントロールパネルからすることは出来ませんので注意してください。

サイト転送設定(301リダイレクト)する方法と手順

エックスサーバーのコントロールパネル

エックスサーバーのコントロールパネルから「サイト転送設定」へと進みます。

サイト転送設定ページ

リダイレクトの追加から進み、転送設定するURLの新と旧を対応させて入力していきます。追加で設定されたリダイレクトは、リダイレクト一覧に表示されますので、ここでも確認できます。

コントロールパネル

リダイレクトするURLとリダイレクト先をここで指定します。ドメインの中の特定のディレクトリやページを転送を転送する場合は、ドメイン名の後ろに続けて指定します。リダイレクト先は、絶対パス(http://~)で指定しなくてはいけませんので注意してください。

ドメインの中のページなどのURLが変わったときは、この機能を使ってリダイレクトしておいた方がいいと思います。その方が、せっかくのアクセスを無駄にしませんし、検索にもURLが変わったことを認識させることもできます。

なお、この機能を使ったリダイレクトは恒久的なリダイレクトの意味を持ちますので、転送前のページと転送後のページで同じ内容が公開されていると、重複コンテンツと見なされる可能性がありますので十分な注意が必要です。



ジャンル別にレンタルサーバーを選ぶ

おすすめサーバー

コストを重視する方向け

スペックを重視する方向け

法人・個人事業主向け

Wordpress向けサーバー

ネットショップ向けサーバー

アフィリエイトサイト向きサーバー

月500円までの格安サーバー

月500円を超えるハイスペックサーバー

あなたの口コミ・評価を書いてみませんか?

*

NOTE - お寄せくださった口コミや評価は順次公開させていただきます。 なお、あきらかに宣伝と思われる場合や、誹謗中傷と思われる書き込みは非公開とさせていただきます。