格安レンタルサーバー比較エックスサーバー › エックスサーバーで404 NotFoundページを作成する方法と手順

エックスサーバーで404 NotFoundページを作成する方法と手順

「404 NotFound」ページを作成する方法と手順

 通常指定したページが存在しなかった場合、下記のような「404 NotFound」ページが表示されることがあります。これは、エックスサーバーのデフォルトで表示されるエラーページですが、見た目にもあまり感じのいいものではありません。企業サイトやネットショップなど、営利を目的のサイトでは機会損失にもつながりかねませんので、ユーザのアクセスを無駄にしないようなエラーページとした方がいいでしょう。

下記のエラーページを、オリジナルなページに置き換える手順です。

エラーページの設定方法と手順

エックスサーバーのエラーページ(デフォルト)

エックスサーバーの標準のエラーページですが、何の特徴もないそっけないページです。このページを自分オリジナルのページに置き換えます。

当サイトの404エラーページ

当サイトのエラーページです。あまり格好良くはありませんが、標準のものよりはましだと思います。このエラーページはWordpressテーマのものをそのまま使っていますが、もっと手のこんだものにすることも可能です。(Wordpressでサイトを構築している場合は、テーマの中に404の定義もあるので、特に今回の設定をしなくても問題ありません)

コントロールパネル

エラーページを指定する手順は、コントロールパネルにログインし、「エラーページ設定」から次に進みます。

各種エラーページの設定

404エラーページの他にもいくつかのエラーページの設定ができるようになっています。初期状態ではすべて「OFF」になっているので、使うものだけ「ON」にして利用します。

404エラーを「ON」にした場合は、サイトのルートフォルダに「404.html」というファイル名の自作404エラーページを置けば、ファイルが無い場合などはその404ページが表示されるようになります。

また、気になるのは404を表示したときのステータスコードですが、これもちゃんと「404」を返していますので、検索のロボットに対しても「404=ファイルが存在しない」ことを伝えられます。



ジャンル別にレンタルサーバーを選ぶ

おすすめサーバー

コストを重視する方向け

スペックを重視する方向け

法人・個人事業主向け

Wordpress向けサーバー

ネットショップ向けサーバー

アフィリエイトサイト向きサーバー

月500円までの格安サーバー

月500円を超えるハイスペックサーバー

あなたの口コミ・評価を書いてみませんか?

*

NOTE - お寄せくださった口コミや評価は順次公開させていただきます。 なお、あきらかに宣伝と思われる場合や、誹謗中傷と思われる書き込みは非公開とさせていただきます。