格安レンタルサーバー比較エックスサーバー › エックスサーバーでアクセス制限を設定する方法と手順

エックスサーバーでアクセス制限を設定する方法と手順

BASIC認証を使ったアクセス制限の設定方法と手順

 エックスサーバーでは、特定の人にだけが接続できるBASIC認証を用いたアクセス制限を行うことができます。アクセス制限は、特定の人のみに接続を許可する会員制のサイトなどで持ちいられます。

IDやパスワードを設定しておき、そのパスワードを知っているいる人のみがアクセスできるようになります。

アクセス制限の設定方法と手順

エックスサーバーコントロールパネル

エックスサーバーにログインし「アクセス制限」をクリックして進みます。

アクセス制限をするフォルダ選択

アクセス制限を行うフォルダのアクセス制限を「ON・OFF」して制限かける・制限をかけないを切り替えます。ON状態のときクリックすればOFFに切り替わります。この逆も同じです。続いて「ユーザ設定」をクリックして次に進み「IDやパスワード」を設定します。

IDとパスワードを設定

ここでアクセスするための「IDとパスワード」を設定します。入力設定したら「ユーザの追加」をクリックすれば、設定が完了します。

設定の完了確認

設定が完了すると、フォルダマークに「Pが付きます」。この印があるフォルダがアクセス制限が行われているフォルダです。アクセス制限は、簡単に解除することができます。また、ユーザ設定も削除することができます。

実際にアクセスしてみると

アクセス制限の行われているURLに実際にアクセスすると、上のようなメッセージが表示されIDなどの入力を求められます。ここで、あらかじめ設定した「IDとパスワード」を入力すれば、URLにアクセスすることができます。

アクセス制限は簡単に設定・解除ができますので、ホームページのコンテンツのなかで、特定の人にだけ閲覧を許可するようなプライベートなページなどに利用することもできます。



ジャンル別にレンタルサーバーを選ぶ

おすすめサーバー

コストを重視する方向け

スペックを重視する方向け

法人・個人事業主向け

Wordpress向けサーバー

ネットショップ向けサーバー

アフィリエイトサイト向きサーバー

月500円までの格安サーバー

月500円を超えるハイスペックサーバー

あなたの口コミ・評価を書いてみませんか?

*

NOTE - お寄せくださった口コミや評価は順次公開させていただきます。 なお、あきらかに宣伝と思われる場合や、誹謗中傷と思われる書き込みは非公開とさせていただきます。