格安レンタルサーバー比較 「WordPress&エックスサーバーで運用中」

目的別・費用別にレンタルサーバーを選ぶ

 当サイトは、格安なレンタルサーバーの比較サイトで、XServerを利用して運用しています。比較内容は、コストを重視する方向け・Wordpressを始める方向けや、法人・個人事業主向けのビジネス用途のレンタルサーバーまでをカバーしています。

おすすめレンタルサーバー

コストを重視する方向け

スペックを重視する方向け

法人・個人事業主向け

Wordpress向け

ネットショップ向け

アフィリエイトサイト向き

月500円までの格安レンタルサーバー

月500円を超えるハイスペックレンタルサーバー

››› VPS・専用レンタルサーバーの一覧 ››› アダルト利用可能

格安レンタルサーバーおすすめランキング

 当サイト経由でレンタルサーバーを申し込まれた方々の選ばれた共有サーバーを、おすすめ順にランキング形式で一覧しています。初めてレンタルサーバーを借りる方、今のが重かったり遅かったりで乗り換えを考えている方の参考になれば幸いです。

人気ランキング
サーバー 法人 個人 容量 月額 初期
1位 エックスサーバー 200GB 1050 3150
エックスサーバー
エックスサーバー公式

メールアドレスの無制限発行、サブドメインの無制限作成、マルチドメインの無制限作成や、X20プラン以上では、独自ドメイン取得・更新費が契約期間中無料などのサービスを行っています。

レスポンスなどに対する不安を解決するために「簡単サーバー移動」という機能を設けています。負荷が高くてサイトが表示されにくい、コントロールパネルが重たいなどの症状があれば、サーバーを別のものに移動できる機能を提供しています。

2位 チカッパ 60GB 525 1575
チカッパ
チカッパ公式

ロリポップの上位プランという位置づけになっています。チカッパには簡単インストール機能があるので、WordpressやMovableTypeなども簡単にインストールできます。MySQLデータベースは30個使えるので、複数のWordpressなどを立ち上げたい場合にも適しています。

機能的には、容量や転送量、MySQLデータベースの数などが、ロリポップより大幅に増強され、初級者から中・上級者までカバーするスペックを提供しています。

3位 ファイアバード 50GB 525 2100
ファイアバード
ファイアバード(Firebird) 公式

ファイアバード(Firebird) は格安のレンタルサーバーサービスですが、機能的にはいたって不満のないスペックになっています。料金的な面も月額525円から50GB(ギガバイト)という余裕の大容量スペースを利用することができます。また、月額料金はポイントを使用することで最初から割引にもなります。

MovableTypeやWordpressの自動インストール機能があるので、ボタン一つで簡単にインストールできます。パーミッションの設定なども自動で行ってくれます。

4位 X2サーバー 100GB 1890 6300
X2サーバー
X2(エックスツー)公式

X2サーバーは、快適な動作で人気の高い「エックスサーバー」の上位モデルです。特徴は、独自ドメインが無制限で設定が可能、サブドメイン、メールアカウント、FTPアカウント、データベース(MySQL)等も無制限に作成可能など、スペックを重視する方向けの仕様になっています。

CGIやPHPなどを格段に高速化する機能、「Xキャッシュ」を提供しています。表示内容をキャッシュ(記録)することで、アプリケーションの負担を軽減します。

5位 ミニバード 30GB 263 1575
ミニバード
ミニバード(minibird)公式

ミニバード(minibird) は格安のレンタルサーバーサービスですが、機能的にはいたって不満のないスペックになっています。料金的な面も月額263円から30GB(ギガバイト)という余裕の大容量スペースを利用することができます。また、月額料金はポイントを使用することで割引にもなります。

管理人も、ミニバードでWordpressサイトを2サイトほど運営していますが、サイト表示のレスポンスや管理パネル、MySQLやphpのレスポンスなど特に現時点で不満はありません。


最近投稿された記事

レンタルサーバーの選び方

最近のレンタルサーバーは、どこのものを選んでも失敗した!というような事は少なくなってきています。提供される機能やサポート、安定性、セキュリティ対策面などの違いこそあれ、極端な差はあまり感じられません。

費用で分類すると、500円前後、1000円前後、2000円前後に大別されます。この中で、500円前後は個人向け、1000円前後は個人中上級・法人向け・2000円前後は個人上級・法人向けに大別されます。大雑把ですが提示されている月額料金は、そのレンタルサーバーが、どのユーザ層を対象にしているかを判断する材料となります。

レンタルサーバーを借りる際にも予算はあるでしょうから、その予算の範囲内で、容量や提供される機能(マルチドメイン可否・MySQLの数など)が理解できる中で選ぶといいでしょう。また転送量もチェックしておきたい項目で、特にアクセス数が多くなると予想される場合は、機会損失にならないよう一クラス上のサーバーやプランを利用することも考えに入れてください。(ビジネスサイトやネットショップのように、即売上に影響が出るサイトの場合は特に注意が必要です)

レンタルサーバーの乗り換えを検討されている方も、これらの点に注意しながら乗り換え先(移転先)を検討するといいでしょう。移転は、そう度々するものではないので、十分検討されて決めることをオススメします。データベースの移行やドメインの再設定など、あまりやりたくは無い作業ですので。